高齢者に対するマネジメント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,106
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者に対するマネジメントは、虐待に関するものやリスクマネジメントおよびケアマネジメントなど多岐にわたる。ここでは、高齢者ケアマネジメントに注目する。
     はじめに、ケアマネジメントの概念定義は、R.パーカーの「利用者のために、すべての援助活動を連絡調整する」というものや、白澤政和の「対象者の社会生活上で複数のニーズを充足させるために適切な社会資源と結びつける手続きの総体」というものなど様々あり、定義は定着していない。ただし、どの概念定義に着目しても共通する基本的要件は「利用者に適切なサービスを接合すること」である。ここでは、白澤政和の定義を使用する。
     このケアマネジメントの構成要素として対象者、社会資源、ケアマネージャー、ケアマネジメントの過程の4つを挙げている。具体的な内容は大きく4領域に分けられる。第一の領域は、利用者の諸種のニーズをアセスメントすることである。第二の領域は、アセスメントに基づき、利用者と提供されるべきサービスや支援との連結を計画する部分である。第三の領域は、ケアプランの実行であり、利用者とサービスや支援が連結するよう手配することになる。第四の領域は、利用者とサ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。