教育の原理2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数332
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    著者の考察をみていくにあたって、前近代社会から近代社会にかけての家庭・学校・社会の関係を整理していくことにする。
    前近代社会から近代社会にかけてのそれぞれの関係はどうであったのか、そしてそれを踏まえて今後どのようにしていくべきなのかということについての著者の考察を解説していく。 
     では、最初に近代社会において、教育の場としての家庭・学校・社会の関係についての著者の考察を解説していく。
    前近代で補われていた養育、訓育、しつけといったものが、家庭教育における重要な役割であるという認識はあるものの、近代にかけて次第にそれらを学校教育に求めるようになってきたのである。そのため、学校は、家庭での教育的役割を分担していくこととなった。
     つぎに、近代社会と学校の関係についてであるが、近代社会は封建的社会より自由度の高い社会秩序で構成されており、その中で学校教育は、1人ひとりの社会の移動や社会上昇の一手段としてみなされる傾向にあった。同時に、学校教育は社会的安定に貢献するとも考えられていた。
    つまり、一方に教育は個人の内面の自由を保障し、個人の限りない可能性や発達を尊重するという立場があり、もう一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。