人身売買の現状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数833
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人身売買の現状
    1.人身売買とは
     人身売買とは、人間を誘拐などの強硬手段や甘言によって誘い出し、移送し、金銭などによって売り払う行為のこと。トラフィッキング、人の密輸とも言われ、警察庁等はこれを人身取引と表現している。その目的は強制労働、性的搾取、臓器移植、国際条約に定義された薬物の生産や取引、養子などである。国境を越えて移送されることも多く、1949年に国際連合の人身売買および他人の売春からの搾取の禁止に関する条約の発効により禁止させている。被害者は8割が女性、半分は子供と言われている。
    2.国際的人身売買
    国際的人身売買に関わる国は「送出国」「中継国」「受入国」に分類される。「送出国」は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。