高齢者の自殺の原因を探る

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,071
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の自殺の原因を探る
    始めに
     日本人の平均寿命は男性が約79歳、女性が約85歳で、食糧事情や医療のめざましい進歩により、男女共に日本人の平均寿命は延び続けている。しかし、自殺者数も年々増え続け、全国では三万人を超えている。日本の自殺者が最も多いのは60歳以上で、自殺者の三人に一人は60歳以上の高齢者である。
    なぜ高齢者の自殺が多いのだろうか。その自殺動機から予防策を考えたい。
    高齢者の自殺の動機
     高齢者の自殺の「原因・動機」として最も多いのが病苦である。しかし、その背景には家庭問題や経済問題が複雑に絡み合っていると考えられる。
    第一に身体的負担である。加齢とともに様々な慢性疾患を抱えており、自殺した高齢者の90%以上が身体的異常を訴え、85%以上が入通院による治療を受けていた。高齢者の多くは自分の健康状態について悪い評価を下しがちで、病気を大きなストレスを感じている。継続的な身体的苦痛がうつ病の引き金となり、自殺につながると考えられる。
    第二に家族への精神的負担である。自殺した高齢者のほとんどが家族と同居していた。一人暮らしの高齢者の自殺者は全体の5%以下に過ぎない。自殺した高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。