フリーター・ニートについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,290
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近、フリーター・ニートと呼ばれる人たちが増えている。その増加の理由とニートという言葉についても考えながら、社会構造の変化がわれわれの行動・意識をどう変えていくのかということについて、フリーター・ニートを例に取り上げていく。
    私たちがニートと言われて思いつく言葉は「やる気がない」、「ニートは本人や家族に問題がある」などである。しかし、これは社会的に構築されてしまったものである。
    ニートと考えられているのは、無業者(専業主婦、定年退職した老人等)の中で「15歳から34歳までの専業主婦でない人」である。ニートは「非希望型」と「非求職型」とに分けられるが、ニートに分類される人の中で特に「非求職型」の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。