民間社会福祉活動の歴史と今後の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,514
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「民間社会福祉活動の歴史と今後の課題について」
    民間社会福祉活動の源流は、1700年代イギリスの民間慈善事業である。前近代は、ムラ社会の相互援助、宗教による救済、支配層による政治的救済があった。
    1.近代
    社会の近代化はムラ社会から都市社会へ、家族構造は核家族へ、経済は資本主義社会への成立となった。
    都市に流入する労働者により、多くの貧困者と脱落者が移住した。孤児や孤独な高齢者も現れ、病気と貧困と犯罪の街、スラム街が存在するようになった。
    2.COS、セツルメント運動
    貧困へは、宗教的信仰の人々による民間社会福祉(孤児院、救済事業)が行われた。その後、友情訪問者としてCOSが出てきた。
    同じ頃..

    コメント1件

    hanamikan 購入
    参考に致しました。
    2007/08/09 5:57 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。