社会福祉士の社会的役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,631
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉士の社会的役割について」
    1.社会福祉士の規定
    「社会福祉士及び介護福祉士法」で「社会福祉士の名称を用いて日常生活を営むのに支障のある者の福祉に関する相談業務を行う者」と定義している。
    専門的知識と技術を統合的に修得、社会福祉援助技術を体得し、相談援助業務をする専門職として位置づける。
    2.対象となる領域
    「社会的機能」に焦点をあてる。社会的機能とは、人と環境との相互作用である。人は自分に適した環境を整える力があるが、この能力が機能していない人を対象とする。人は環境を変えたり、自分を環境に合わせたりするが、こうした機能を十分果たせないときは、社会福祉援助が必要となる。
    3.社会福祉士..

    コメント1件

    marrymie 購入
    参考になりました
    2007/08/04 0:26 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。