医学一般レポートH19

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数513
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医学一般レポート 
    「いわゆる成人病が生活習慣病といわれるようになった理由について。」
     生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症、進行に関する疾患群」のことである。従来の成人病の発症と、生活習慣の強い関連が明らかになったことや、近年、健康的な生活習慣を確立することにより疾病の発症を予防する「一次予防」の考え方が重視されるようになってきたことに着目し、1996年の公衆衛生審議会において提言された概念である。
    予防段階のステップは、一次予防、健康的な生活習慣の確立(健康増進・発症予防)、二次予防、定期的な健康審査(早期発見・早期治療)、三次予防、リハビリテーショ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。