家庭援助論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数740
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ひとり親家庭とは、子どもと、その父、または母のいずれかによって構成されている世帯のことであるが、このひとり親家庭が抱えている現状について述べよう。ひとり親家庭は近年増加傾向にあり、特に母子世帯の増加がみられている。この理由として、母子世帯、父子世帯ともに離婚が第一の原因となっている。なぜ、離婚が多いのかというと、家制度が破壊し、血縁の援助や監視がなくなったことや、離婚に対するマイナスイメージが薄れてきているといった理由が挙げられる。また、近年のもう一つの傾向として、親の年齢が低下している。そのため、幼い子どものいるひとり親家庭では、就業形態や子育てに多くの苦労を抱えているといった現状がみられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。