体育 骨と筋肉

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,418
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     運動しないと人間の体はどうなるのか、これについてまず理解したのは、人類の先祖である猿の肋骨は丸かったが、進化を遂げたことで楕円形へと変化していったことである。それは、立ち上がることによって変わったのである。人間の骨格は206本あり、人体を支える役割をしている。背骨は細くてしなやかな人体機械の支柱である。体重を支えているのは、主に骨盤と大腿骨である。生まれたばかりの赤ん坊は、まだ骨も筋肉も未完成だが、たった半年で立ち上がろうとする。生まれて1年半の指は骨と骨の間に隙間があるが、時間がたつと少しずつ骨が完成する。骨が発達して複雑な行動が出来るまで、約15年かかるのである。次に、筋肉の話になる。筋肉は、体の中に500以上ある。そして、ほとんどの筋肉は片方が縮めば、もう片方は伸びている。このようにして運動を行っている。筋肉の端は腱となって、骨につながっている。筋肉は、筋線維で出来ていて、筋線維は筋原線維で出来ている。そして、筋原線維は、赤いアクチンと、白いミオシンの2種類のたんぱく質が並んでいる。そして、筋肉は、骨格を覆っている。骨は、軽くて、丈夫で、しなやかさが重要なのである。骨の中心は空..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。