保健体育 新生児と乳児の運動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数930
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     新生児と乳児の運動発達を比べてみると、誕生時の運動発達の出発点は、新生児が表す一見無秩序にみえる状態や行動の中に見ることが出来る。人間の新生児は他の動物に比べると、あらゆる面がまだ未熟で、いわゆる「生理的早産」の状態にあり、誕生後も長期に亘って発達する時期が必要となると同時に、親の育成や保護も必要になる。
     新生児の運動は、泣くことと吸うことぐらいであるが、泣くという行動は空腹とか身体の違和感といった内的条件によって自発的に起こすものである。吸うことは、栄養を摂取するためのもので、新生児が生きていくのに不可欠である。その他に抱きつく行動や微笑行動などがみられるが、これらの行動は外部からの刺激..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。