発達心理学Ⅱ 親子関係とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,133
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     親子関係についてまとめてみた。
    理想的な親と子の関係は、それぞれの人格をもった、対等の関係と考える。いわゆる、人間関係の最初のパターンであるとみている。人生の初期の親子関係に考えなければならない点として、インプリンティング、スキンシップ、タッチング、応答的・初期経験、愛されていること、民主的、基本的信頼と基本的不信のようなものがあるとされている。
     スイスの動物学者で動物園の園長であったポルトマンは、人間の新生児は「生理的早産」という。他の哺乳類と比較すると1年くらい早産なのであるためだ。他の哺乳類は生まれてすぐに自力で立ち上がって乳を飲むが、人間の新生児は全面的な親の保護と援助がないと育つことが出来ない。これはまさに「依存」である。
     人生の最初に出会うのは親である。この時期は、子どもにとっては他人と自分の親を区別することができず、親だけしか見えないという時期である。そのため、子どもからすると親の存在は絶対的なものであり、そこには信頼感が芽生える。第1反抗期の3歳くらいまで、この状況が続く。
     この時代の親の考えを次の世代にも伝える働きには「しつけ」がある。マーチンホフマンは、この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。