保育原理 家庭と保育所と幼稚園の保育の違い

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数661
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     この世に生を受けた赤ちゃんの安心しきった純真な笑みや、体中で喜びを表現している姿は、魅力的である。人は生涯にわたって発達していく存在であり、その人生の最初の6年である乳幼児期は、生涯にわたる人格形成の基礎を築くための重要な時期である。
     人として生まれ、人として育っていく最も基本的な場は家庭である。家庭は社会の最小単位であり、人にとっての基本的欲求の充足、情緒の安定の場である。人間教育の場は、まずこの『家庭』の生活から始まる。
    成人である親と未成年の子どもとの関係は、互いの愛情と信頼に支えられながらも依存し、保護する関係である。家庭には、子どもを保護する機能とともに、意図的な働きかけをして自立のための援助をしていくという教育の機能がある。ところが、この親子関係の中に欠けているところがあると、心理的不安から、人格の基礎的形成の上に、深刻かつ永続的な不備欠陥をもたらすことになる。
     コメニウスやルソーも、家庭教育的重要性を強調し、フレーベルも『家庭は特に高尚な生活、真の生活の知恵のすまう場所であり、かつそれを育てる場所である』ことを説いている。このような観点から、家庭は幼児の生命を保持し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。