発達心理学 一語文、二語文

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数5,347
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    一語文二語文

    代表キーワード

    心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     言語とは、人間の思考を表すもの、コミュニケーションの手段、文化を伝えるメカニズムの役割を果たすものである。
     幼い子どもは母親の言葉を理解できる前に、母親の声のもつ、愛・温情・怒りなどの前記号的要素を理解するのだ。そして、言葉は内容の伝達だけではなく、その言葉を用いる人間関係の状況を理解することでより、スムーズなコミュニケーションが出来るのである。
     言語習得の段階は二つある。一つは、発声段階である。生後3ヶ月過ぎに発声器官は言語的音声が出来る状態となるのだ。発声とは、のどの声帯を振動させ、自由にコントロールすることである。これは、模倣による訓練が必要である。二つ目は、意味理解段階である。これは言語と言語が表現する特定の対象物が結びつく段階のことである。例として、子どもが「パーパー」と言うと父親がいつも反応するので「パーパー=父親」と意味が結びつくことである。
     言語の発達について説明しよう。生後一ヶ月間は叫声期と呼ばれ、これは生まれたばかりの赤ちゃんの声である。母体から離れて第一回に吸い込んだ空気が吐き出されるときに出る声が呼吸運動に伴う生理的自然発生的な音で、むしろ音というより叫..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。