精神保健 シンナー・薬物

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数860
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    シンナー薬物

    代表キーワード

    薬物

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私がこの設題を選んだ理由は、社会問題とされている、シンナーや、薬物に依存する若者の心情を理解し、それに対してどのような対処を取ればいいのか、知りたいからである。
     薬物の代表として、まず覚せい剤について説明しよう。覚せい剤は、接種することによって急に気分が爽快になり、数時間この感覚が持続する。一方、その後には疲労感、眠気などの反跳現象が生じ、この不快感から逃れたいがために、再び乱用するようになる。この繰り返しから薬物の虜となり、次第に慢性中毒状態となる。
     急性中毒では、追跡、被害、関係妄想などの幻覚妄想が代表的な症状であるが、慢性中毒となると、猜疑心が強くなったり、怒りっぽくなるなどの性格変化がみられる。
     覚せい剤乱用者の多くは以前にシンナー乱用を経験しているものが多く、シンナーが飛び石となっている。こういったケースの典型は、中学校2年生の夏休み頃シンナーを覚え、高校1年で中退し、その後暴力団関係者などと接触することで覚せい剤を覚えていく。
     ここで、覚せい剤乱用者の事例を挙げよう。26歳の女性は、裕福な家庭で生まれ育ち、性格も明るく活発で、学業も優秀だった。しかし、両親が別居し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。