小児保健 伝染病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数401
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    伝染病

    代表キーワード

    伝染病

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私がこの設題を選んだ理由は、伝染病といった病の対処、予防といった知識を得たいと思ったからである。
     伝染病には、色々な種類がある。その中の一つである麻疹を説明しよう。原因は、麻疹ウイルスの飛沫感染によるものである。好発年齢は、1~5歳で、春から夏にかけて流行する。潜伏期は、9~12日で、感染しやすい時期は、発病1~2日前から、発疹出現後2~3日後である。症状は、カタル期、発疹期、回復期がある。カタル期は、3~4日である。カタルとは、粘膜の炎症のことをいう。平均38.5度の発熱が3日前後続き、鼻水、咳、くしゃみなどの症状があらわれる。カタル期の終わりには、頬粘膜に栗粒大の白い斑点、コプリック斑がみられる。発疹期は、4~5日で、熱はいったん下がるが、再び高熱とともに、赤い発疹が出現する。これは、薄ピンクから、暗赤色に変わる。発疹は初め、耳の後ろから始まり、次第に頬、全体へと広がる。体温平均39.5度が3~5日続き、咳もひどく、下痢を伴う場合もある。回復期は、3~4日で、発疹は褐色し始め、色素沈着を残す。解熱し、咳は軽減するが、解熱後、10日前後は咳が残ることが多い。合併症は、中耳炎、肺炎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。