小児保健 小児の特性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,755
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    小児保健

    代表キーワード

    小児保健

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私がこの設題を選んだ理由は、小児の特性を知ることは、幼児の指導者を目指す者にとって、不可欠なことであると思ったからである。
     小児の特徴として、小児は大人と違う特徴がある。小児の最大の特徴は、絶えず成長、発達を続けることである。
    成長とは、身長値中が増えるなど、形態的に大きくなることで、評価方法は数値で計測でき、わかりやすいものである。発達とは、歩けるようになったり、言葉を話せるようになったりなど、身体の機能が成熟することで、精神発達、情緒の発達評価は専門的な学習が必要となるので、わかりにくい。成長に必要なものは、十分な栄養を摂取することで、発達に必要なものは、働きかけなど、適切な刺激である。このように、成長と発達は、全く違うものであることがわかる。
    小児も特性には、身体上の特性、精神上の特性、社会的な特性の三つがある。身体上の特性は、それぞれ個体差を持ちながら、発達という動きの上を歩いているので、生理的、病理的現象も、健康な状態と病的な状態との境界もはっきりしない場合が多く、形態の発達と機能の発達の不一致、体内の各機能の不均衡、体質傾向の違いなどが著しく、病気の診断なども複雑である..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。