基礎情報学 コンピュータを使用した保育教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数823
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      幼稚園教育要領での、情報活用能力、ならびにコンピューターなどの情報機器に関する内容の取り扱い方は量的に少ない。しかし、その事実は全くないというわけではない。
    平成10年12月に告示された幼稚園教育要領に、「コンピューター」という言葉は記載されていないが、幼児が興味・関心をもつべき対象として「情報」という言葉が「環境」の領域の中で使われている。
    ねらいについては、「周囲の様々な環境に好奇心や探究心を持ってかかわり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う」とされており、内容については、「生活に関係の深い情報や施設などに興味や関心を持つ」とされている。そして、幼稚園教育要領の解説の中で「コンピューター」という言葉が使われており、コンピューターなどの情報機器を保育に利用するときの配慮すべき内容についても注目されている。
    こういったコンピューターを保育教育で活用する場合には、どういった活用法があるのか考えてみたところ、幼児といえば遊びが主体なので、コンピューターを遊具として活用する方法を思いついた。しかし、好きなソフトを選んでコンピューターで遊ぶということにより、人間関係の希薄さが見ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。