発達心理学 発達課題の意味

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,272
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども心理文化課題保育言語問題生物自由

    代表キーワード

    発達心理学

    資料紹介

     達課題とは、各達段階において習得されねばならない課題、各達段階においての達の特ではなく、社や文化から求められ、期待されている達の水準目標である。
     この課題をうまく達成することが出ると、社的承認を受け、自信を持ち、次の課題達成への意欲が高まる。しかし、反に失敗してしまうと、社からの不承認や拒否を受け、自身に劣等感を持ち、その後の諸課題の習得や達成に困難をもたらしてしまう。
     ハヴィガストは、達課題を、それぞれの達段階において習すべき容を示すものとした。
     ハヴィガストは、達課題が育者にとって役立つ理由として、2点げている。まず、1点目は「校における育目標を見し設定することを助ける点にある。」と述べており、2点目は「育的努力をうべき時期を示す。育の適時を明らかにするのに役立つ」と述べている。この達段階の種類には、行や言語の習、習慣や性格の形成など、一回しか表れてこない課題と、友と交わる習や値判の習など、繰り返し形をえて表れてくる課題の2種類がある。
     達課題の立場について明しよう。この達課題の立場には、自由の理論、制の理論がある。自由の理論とは、子どもがもし、出るだけ自由に放任されるな

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     発達課題とは、各発達段階において習得されねばならない課題、各発達段階においての発達の特徴ではなく、社会や文化から求められ、期待されている発達の水準・目標である。
     この課題をうまく達成することが出来ると、社会的承認を受け、自信を持ち、次の課題達成への意欲が高まる。しかし、反対に失敗してしまうと、社会からの不承認や拒否を受け、自身に劣等感を持ち、その後の諸課題の習得や達成に困難をもたらしてしまう。
     ハヴィガーストは、発達課題を、それぞれの発達段階において学習すべき内容を示すものとした。
     ハヴィガーストは、発達課題が教育者にとって役立つ理由として、2点挙げている。まず、1点目は「学校における教育目標を発見し設定することを助ける点にある。」と述べており、2点目は「教育的努力を払うべき時期を示す。教育の適時を明らかにするのに役立つ」と述べている。この発達段階の種類には、歩行や言語の学習、習慣や性格の形成など、一回しか表れてこない課題と、友と交わる学習や価値判断の学習など、繰り返し形を変えて表れてくる課題の2種類がある。
     発達課題の立場について説明しよう。この発達課題の立場には、自由の理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。