現代の標準的英語と米語の相違を具例をげて論ぜよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数707
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ⇒現代の標準的英語と米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ

    現在、世界の30以上の国で広く使用されている。英語は通用範囲、話者人口の点から見ても、最も影響力のある言語であることは間違いないであろう。ところで、今、私たちが「英語」という言葉を聞いてまず思い浮かべる国はアメリカであろう。それは日本で行われている学校教育の影響でもあり、アメリカの国際社会における政治的発言力の強さを示しているのかもしれない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ⇒現代の標準的英語と米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ
    現在、世界の30以上の国で広く使用されている。英語は通用範囲、話者人口の点から見ても、最も影響力のある言語であることは間違いないであろう。ところで、今、私たちが「英語」という言葉を聞いてまず思い浮かべる国はアメリカであろう。それは日本で行われている学校教育の影響でもあり、アメリカの国際社会における政治的発言力の強さを示しているのかもしれない。
    1500年代にイギリスが世界に進出を始めて以来、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アジアにまで植民地を拡大していった。この時期には、ヨーロッパに主要言語ばかりでなく、遠く離れた異国の言語からも英語は多くの語彙を借用することになった。英語を新しく使用する地域をどんどん広げていくなかで、イギリスの英語はこれらの地域で独自に生じてきた多様性を逆に受け入れていくことになった。
    ここでは特にアメリカ英語とイギリス英語を語彙、綴り、発音、そして文法の点から比較対照し、その相違について論じていくことにする。
    <語彙の違い>
    アメリカ英語とイギリス英語で語彙の異なる単語の例
    日本語 アメリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。