英文学史 「ヴィクトリア朝時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,524
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヴィクトリア朝時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。

     19世紀の最初の30年間が過ぎる頃、ロマン主義を代表する詩人達はほとんど世を去っていた。そして新しい時代の到来を告げるかのようにヴィクトリア女王が1937年に即位し、国内の統治を始めた。そして1901年までの統治期間をヴィクトリア時代と呼ぶ。この体力、意力、精神力ともに優れた女王の在位期間にイギリスは産業革命による経済発展が成熟に達し、安定した秩序を保ちながらかつてないほどの発展を遂げた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヴィクトリア朝時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。
     19世紀の最初の30年間が過ぎる頃、ロマン主義を代表する詩人達はほとんど世を去っていた。そして新しい時代の到来を告げるかのようにヴィクトリア女王が1937年に即位し、国内の統治を始めた。そして1901年までの統治期間をヴィクトリア時代と呼ぶ。この体力、意力、精神力ともに優れた女王の在位期間にイギリスは産業革命による経済発展が成熟に達し、安定した秩序を保ちながらかつてないほどの発展を遂げた。
    ヴィクトリア朝は社会の変化の観点から、初期(1837年から1850年)、中期(1850年から1870年代)、後期(1870年代から1901年)の3期に分類されることが多い。初期は、ヴィクトリア朝以前の1832年に行われた第一次選挙法改正や1846年の穀物法廃止などに見られる様に、産業資本家たちが勢力を伸ばした時代である。中期の1851年にはロンドンのハイド・パークで大博覧会が行われ、イギリスは経済的な繁栄を他国に示すことに成功した。さらに1854年に加わったクリミア戦争はイギリスの国家的生命力のはけ口となった。1860年の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。