社会福祉原論

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数2,367
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポート内容
    レポート課題
    「福祉国家の思想と原理について」
    「戦後の社会福祉の展開と今日の課題について述べよ」
    科目終了試験
    1「社会福祉士の社会的役割について」
    2「社会福祉の職業化について」
    3「民間社会福祉活動の歴史と今日の課題について」
    4「社会福祉制度と生存権について」
    5「ボランタリズムの役割と使命」
    レポート課題
    「福祉国家の思想と原理について」
    1 福祉国家以前の福祉について
     ベヴァリッジ報告書を基本的設計図として、今日の福祉国家を先進国は築いてきた。その福祉国家について、ベヴァリッジ報告書が提出される以前の時代について述べてみる。
     中世封建社会においては、村落共同体内での地縁的、血縁的な結びつきに基づいた相互扶助、都市の商人ギルド、手工業ギルド内での相互扶助が行なわれていた。この時代は、キリスト教が社会に深く浸透しており、キリスト教による慈善事業が行なわれていた。
    19世紀イギリスで産業革命が起きた。富を求め、地方から首都ロンドンへ人が集まったが、住も職もないので、世界初のスラム街ができてしまった。基本的に国は発展を求めて何もしなかったが、比較的豊かなロンドン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。