社会福祉援助技術各論Ⅳ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,095
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    レポート課題
    「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ 」
    科目終了試験
    1、統計調査と事例調査の相違点
    2、標本調査の種類と方法について
    3社会調査法について
    レポート課題
    「社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ 」 1、社会福祉調査法の意義
    社会福祉調査とは、市町村や都道府県、国の福祉施策において新しく生起した福祉サービスの課題や既存の福祉サービスの改善計画、また、人口の流入、流出、少子高齢化等の動向を予測して将来の福祉需要に対する施設、サービスの整備計画の政策を策定することである。また、その効果的なサービスや対応策を計画し、実施する場合、的確な現状把握が必要である。この現状把握を行う方法の一つが社会福祉調査である。  なお、社会福祉調査は、社会調査の一応用分野であり、その理論と技法は、社会調査に依拠しているが、社会福祉調査は、問題解決アプローチ型の調査を主流としており、社会福祉援助技術の一方法として用いられている所に、その特徴がある。すなわち、社会福祉調査を通して社会福祉制度及..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。