社会福祉援助技術各論Ⅲ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,130
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    レポート課題
    「間接援助技術の必要性、今後の課題について」
    科目終了試験
    1 間接援助技術の領域について
    2 地域援助技術の特質と問題点について
    3 地域援助技術の基本的性格について
    4 地域の組織化と福祉の組織化
    「間接援助技術の必要性、今後の課題について」
    1、はじめに
    間接援助技術とは、利用者本人に対人的に行う直接援助技術の背景に当たる環境、つまり地域における支援体制作り、社会福祉援助技術の促進や、直接援助技術を有効的に進める為の方法や技術の総称である。
    直接援助技術は、利用者の問題解決を直接的に援助するものであり、逆に間接援助技術は、利用者を取り巻く環境を整備し、文字通り間接的に援助していくものである。お金が沢山あっても、お店が無ければ使い道が無い。正に直接援助技術と間接援助技術は表裏一体の関係なのである。
    2、間接援助技術の必要性
     間接援助技術の必要性は次の四つである。
     ①社会資源の整備:福祉サービスを必要とする人が、その必要に応じて的確な援助を受けるためには、生活する地域に必要な福祉サービスが整備されていなければならない。
     ②周知:社会資源が整備され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。