社会福祉援助技術各論Ⅱ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,300
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    レポート課題
    「集団援助技術についてまとめよ」
    「集団援助技術の展開過程についてまとめよ」
    科目終了試験
    「集団援助技術の理論と内容について」
    「グループワークにおけるプログラム活動の効果」
    「集団援助技術についてまとめよ」
     
    1、集団援助技術の歴史的展開
     グループワークとは、複数の個人で構成されたグループ内での成員間の相互作用を活用して、ニーズの充足を図る問題解決法・技術である。そのグループワークは、最初から今日のようなソーシャルワークの援助方法として実践されていたわけではなく、また突如としてある日あらわれたわけでもない。本レポートでは、はじめに、グループワークの歴史的展開から述べてみる。
    19世紀の産業革命後の欧米社会では、深刻な社会問題に直面していた。例えば、人口の多くが都市に流入したことによる住宅不足、不衛生で不健康な健康状態、あるいはスラムの発生などの悪い生活環境条件を引き起こしていた。また、貧富の格差は増大し、失業、疾病、犯罪の増大などによる社会生活の不安も生み出していた。
    このような社会状況のなかで、青少年の精神を改善するという趣旨のもと、イギリスの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。