児童福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,296
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    科目終了試験
    1、「児童福祉の法体系と実施体制について」
    2、「児童福祉法」改正の動向について
    3、「児童虐待について」
    4、「子育て支援策について」
    5、「児童福祉施設について」
    科目終了試験1、「児童福祉の法体系と実施体制について」
      始めに、児童福祉法成立までの歴史的経緯から述べていく。
    1945年8月15日、第二次世界大戦が終了した。広島、長崎に原爆が落とされ、また東京や神戸は焼け野原となった。そして戦争によって親を亡くした戦災孤児や、引き上げ孤児が浮浪児となって街にたむろし、物乞いをし、また金品を盗むなどの不良行為を繰り返していた。敗戦直後の日本では、食料や生活物資が圧倒的に不足し、先の孤児達や戦災者など、すぐにでも生活苦から救済を必要とするものであふれていた。
     そこで政府は、1947年、すべての児童の健全育成のための「児童福祉法」を制定した。
    戦災孤児、引き揚げ孤児だけにとどまらず、すべての児童を対象としたところに大きな特徴がある。
     次に法体系について以下に述べる。
    わが国の児童福祉は、日本国憲法を基本として、各種法律、政令、省令、通知などによって総..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。