司法福祉論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,747
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    科目終了試験
    1、2、犯罪者・非行者に対する援助、人格的・社会的に未成熟な犯罪者・非行者に対する援助内容
    3、犯罪・非行者への矯正的援助
    4、更生保護の実態
    5、犯罪者・非行者に対する公的機関および地域社会の役割と機能
    司法福祉論
    科目終了試験1、2、犯罪者・非行者に対する援助、人格的・社会的に未成熟な犯罪者・非行者に対する援助内容
    1、非行少年の背景と原因
     成人・少年を問わず、犯罪・非行の原因・背景には、様々なものがある。非行少年の場合には適切な保護・教育環境が少なく、困難を克服するスキルが身に付いていなかったり、コミュニケーション能力が足りなかったりする。また、思慮・分別・常識を欠く結果非行に走ってしまうという傾向があり、成長途上にあることが非行の背景にあると考えられている。少年には年齢・成長に伴って変化する「可塑性」があり、再犯・再非行に陥らないための働きかけが、成人の場合と比べて有効と考えられる。
    2、少年院送致、保護観察について
     少年院送致とは、少年法が定める保護処分の中で最も強力な処分である。少年院の処遇は、教科教育・職業訓練に代表される矯正教育が中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。