国際福祉研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数825
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    レポート課題
    『アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ』
    科目終了試験
    ・アメリカにおけるソーシャルワーカーの実践方法について
    ・福祉を学ぶ人に求められる適性について
    ・わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について
    ・わが国のソーシャルワーカー等の社会的地位の向上について
    ・高齢者の自立とリハビリテーションの意義などについて
    レポート課題
    『アメリカにおける医療制度の現状を説明するとともに、わが国の医療改革について述べよ』
    1、アメリカの医療保障制度
    アメリカでは、わが国のような国民全体を対象とした公的医療制度はなく、医療保障は公的医療保険としてのメディケアと公的医療扶助制度としてのメディケイドという制度がある。
     ⑴ メディケア
     メディケアは65歳以上の高齢者、障害者年金受給者、慢性腎臓疾患者を有する被保険労働者とその家族を対象とする医療保険で、パートA(病院保険)とパートB(補足的医療保険)、さらにパートC(民間運営のマネジドケアを取り入れている選択プラン)の三つから構成されている。
     パートAは強制加入となっており、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。