介護概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,620
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートの内容
    レポート課題
    『高齢者が求める福祉専門職について述べよ』
    科目終了試験
    ・高齢者が求める福祉専門職について
    ・日常生活を支える介護の基本技術について
    ・認知症高齢者の介護
    レポート課題
    『高齢者が求める福祉専門職について述べよ』
    1、はじめに
    介護とは、介護を利用する人々のこれまでの生涯に獲得してきた生活力に注目する関係を持つところから始まる活動である。介護の定義は、日本社会事業学校連盟によると、「老齢または心身障害に加え、社会的原因によって日常生活を営む上で困難な状態にある個人を対象にして、専門的な対人援助を基盤に、身体的、精神的、社会的に健康な生活の確保と成長、発展をめざし、利用者が満足できる生活の自立をはかるため、生活の場面で介助、家事、健康管理などの援助を行うこと」と定義している。
    2、介護施策の経緯
    戦後わが国の社会構造は大きく変化した。核家族化が増加し、それまで家族が担ってきた、介護の仕組みが変化したことや高齢者の増加が予測されたために福祉政策を総合的に進めていくために、1963年に老人福祉法が制定された。これにより老人福祉施設の設置や老人家庭奉仕員派遣(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。