社会保障の役割と機能につい1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,696
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会保障の役割と機能について
    1、社会保障の意義
     わが国では社会保障は、憲法第25条「生存権」に基づき、国家が国民の最低生活を保障している。資本主義社会においては、国民各自の生活は、個人の責任によって維持すると言うのが本来の原則であるが、国民の最低生活の保障が国家の任務であるということを意味している。
     これは資本主義の原理が、この意味では修正、変化したことを表している。第二次大戦後、社会保障は、国の責任と負担によって国民生活を保障することが国の第一の任務であり、積極的に社会保障を進める福祉国家の出現を促したのである。
     沿革的に社会保障の範囲は、社会保障制度審議会の答申を基本としており、所得保障、医療サービス、社会福祉サービス、保健・公衆衛生サービスを含む概念として社会保障という用語を用いている。
     狭義の社会保障の体系、概念のうち、以下、公的扶助、社会保険を中心に考察することとしたい。
    2、社会保障の役割
    (1)社会保障制度の体系
     わが国では社会保障は、憲法第25条「生存権」の規定を受けて公的扶助、社会保険に大別される。
    ①公的扶助
     公的扶助は、わが国では生活保護制度として位..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。