年金制度の現状と問題点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,182
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    年金制度の現状と問題点について
    1、年金制度の現状
     公的年金制度は、老後の生活費の基礎部分の保証及び労働市場からの退却に対する補償、すなわち後世代への雇用機会譲渡の代償である。
     わが国の年金制度は、1985年に基礎年金制度が導入され、20歳以上60歳未満のものは全て基礎年金に強制加入となった。
     この基礎年金の被用者は、①第一号被用者(自営業等の非被用者)、②第2号被保険者(被用者年金下級制度の加入者)、③第三号被保険者(第2号被保険者の被不要配偶者)に区分され、被用者年金加入者は、基礎年金に二重加入することになっている。
     受給資格は、保険料を25年以上納めた者で、65歳に達したものに支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。