医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数562
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療保険制度の概要について
    1、医療保険制度の目的
     医療保険制度は、疾病という不確実な事故に備えて危険負担を集団で社会的に行なう仕組みであり、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化しようとする社会的なシステムである。経済的な負担について個人ではなく、社会政策的な観点から社会保険の仕組みを使って費用保障を行なうのが医療保険制度である。
     わが国では、1961(昭和36)年、国民の全てがいずれかの医療保険制度に矯正加入する「国民皆保険」の制度を採っている。
    2、医療保険の体系
     わが国の医療保険制度を大きく分類すると、職域保険と地域保険とに分かれている。これは保険集団の形成について、職業の形態、同種の職業に着目するか、同一の地域内の住所に着目するかの相違である。
    職域保険は被用者保険と自営業者保険に分類され、地域保険である国民健康保険は、一つの行政単位が保険集団をなし、市町村が保険者となっている。
     被用者保険は、サラリーマンを対象とする医療保険であり、一般の被用者を対象とするものと特定の職種の被用者を対象とするものに分けられる。
     健康保険は、一般の被用者を対象としてお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。