高齢者の分野の事例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数539
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の分野の事例、知的障害者の分野の事例、子ども、家庭分野の事例の3つの中から自分の歓心のある事例を選び、社会福祉期間、施設、援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。
    1、はじめに、
     本レポートでは教科書43ページの、地方高齢者の自己実現を支援するグループホームの実践について考察し、最後に事例から学んだことについて述べる。
    2、事例の概要
     7人兄弟の4番目として大家族の中で育つ。中学校時代は陸上の選手として活躍。戦争中は軍人として、朝鮮、中国を転戦し、終戦後帰国。二度結婚し子どもももうけるが、離婚。
     Eさんは10年前より一人暮らしであったが、三年前あたりから徐々に物忘れがひどくなり、自転車で外出しては帰宅できなくなったり、近所から火の不始末などの危険を指摘されたりするようになる。同市に義娘がおり、Eさんの今後の生活について不安を抱いている。義娘は、Eさんの変化にかなり動揺と戸惑いがあるものの、献身的に協力してくれようとしている。病院を含めたいくつかの選択肢の中から1999年9月より、ケアハウス入居。入居後一週間経過したあたりから、「見回り」と称して夜毎にケアハウス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。