児童擁護の基本原理と具体的展開について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数748
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童擁護の基本原理と具体的展開について
    1、児童養護の基本原理
    ①人間性回復の原理;実際に入所してくる児童は心を痛めて、人間性を失って入所してくるケースが多い。そこで施設養護では、その失われた人間性を回復する為に、情緒の安定を図った上で、生活環境を改善し、児童の人格の成長発達を認め、人を愛し愛される事から、人への信頼を回復させ、本来の人間性の回復を図ることが重要である。
    その具体的展開としては、コミュニケーションにより理解を深めたり、スキンシップや遊びによって人間性を回復させたりすることである。
    ②個別化の原理;子どもはすべて同じではない。特に施設では生育歴も、性格も、心身の発達状態も、それぞ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。