児童処遇におけるチームワークについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数474
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども児童保育指導生活施設役割行動仕事処遇

    代表キーワード

    児童保育児童処遇

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童処遇におけるチームワークについて
    1、はじめに
     児童養護施設に入所する児童は、自ら進んで入所するわけではない。そして彼らは多くの重荷を背負って入所してくるのである。また、施設は職員にとっては仕事の場であるが、子ども達にとってはまさに生活の場である。こうした児童養護施設におけるチームワークについて、以下に述べる。
    2、児童処遇におけるチームワークについて
    ①本来、子どもにとって親は絶対的存在である。
     従って、子どもは両親の「道徳」や「価値観」、「行動様式」や「生活習慣」等の生きてく上で必要な要素を模倣する。そして模倣することにより自ずと習得し、身に付けていく。
     しかし虐待等の家庭崩壊に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。