児童養護の意義と基本原理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,308
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童養護の意義と基本原理について
    1、はじめに
     児童養護施設に入所する児童は、自ら進んで入所するわけではない。そして彼らは多くの重荷を背負って入所してくるのである。また、施設は職員にとっては仕事の場であるが、子ども達にとってはまさに生活の場である。こうした児童養護の意義と基本原理について
    以下に述べる。
    2、児童養護の意義
     入所型児童擁護施設における児童養護の意義は、家庭において保護者からの暖かい愛情としつけによって養育されがたい児童に対して、家庭に変わって児童を養育することにある。
     児童は健全な育成を保障される権利を有している。従って保護者または全ての大人によって行使されなければならな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。