先天性障害について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,323
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害遺伝胎児構造

    代表キーワード

    先天性障害

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    先天性障害について
    1、先天性障害とは
     先天性障害とは、生まれる前に起こった異常のために生後障害を残す障害の総称であり、福祉分野においては遺伝障害、退治障害および周生期障害の三つに大別されている。
    2、遺伝障害
     遺伝障害は、染色体に以上によって生じる染色体異常と遺伝子の以上によって起こる遺伝病とに分類される。
     染色体異常には、数の異常と構造の異常がある。数の以上は、減数分裂における染色体の分配の失敗によって生じる。染色体の構造の異常には、一部が欠落する欠失、別の部分と入れ替わる転座および一部が切れて反転する逆位などがある。
    3、胎児障害
     胎児障害には次の三つがある。
    ・胎芽期におこった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。