科目終了試験1人格形成の諸理論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数526
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目終了試験1人格形成の諸理論について
    暑くなってきたので窓を開ける、きれいな花が咲いていたので立ち止まって見る、というように行動は常に一定に環境とのかかわりの中で営まれており、人が意識している環境すなわち行動的環境が行動を規定する重要な要因であることは言うまでもない。
    しかし同じ環境であっても、一人ひとりの行動には個人差があるし、また環境が変わっても、ある人の行動には、常にその人らしい独自性が現れることも事実である。つまり行動を規定する要因には、環境的要因と個人的要因の二つを考えなくてはならない。
    ここでは代表的な理論について以下に述べていく。
     類型論;何らかの原理に基づいて典型的な性格の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。