社会福祉調査の性格と類型についてまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数7,385
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ 1、社会福祉調査法の意義
    社会福祉調査とは、市町村や都道府県、国の福祉施策において新しく生起した福祉サービスの課題や既存の福祉サービスの改善計画、また、人口の流入、流出、少子高齢化等の動向を予測して将来の福祉需要に対する施設、サービスの整備計画の政策を策定することである。また、その効果的なサービスや対応策を計画し、実施する場合、的確な現状把握が必要である。この現状把握を行う方法の一つが社会福祉調査である。  なお、社会福祉調査は、社会調査の一応用分野であり、その理論と技法は、社会調査に依拠しているが、社会福祉調査は、問題解決アプローチ型の調査を主流としており、社会福祉援助技術の一方法として用いられている所に、その特徴がある。すなわち、社会福祉調査を通して社会福祉制度及び活動を改善し、地域住民の生活や福祉の向上に奇与することを究極の目標とするものである。 (2)社会福祉調査の基本的性格 社会福祉調査は社会調査の応用であることから、次の三つの指向性を持っている。それは、①基礎資料的接近型(調査領域や課題に関する実態、意識についての基礎的資料を収集する調査)、②問題解決的接近型(問題を解くための解答を得ることを目的とする調査)、③理論構成的接近型(一般理論、一般仮説を得ることを目的とした調査)である。以上三つのアプローチは、相互に刺激し合い貢献し合う関係にある。しかし、社会福祉調査においては、問題解決的接近に重心をおくところに特徴があり、福祉ニーズや実態を把握し解釈するだけにとどまらず、解決策を導き出すことに奇与するものである。 それは、社会福祉調査においては、直接的、間接的に福祉サービスや援助、事業運営、制度、政策等をよりよいものにすることを目的として行われる性格のものである。その根底には人々の生活及び福祉の向上に貢献しようという価値意識が存在している所に特徴がある。  従って、「社会福祉調査」と呼び「社会調査」と区別するところが基本的性格の一つである。  また、社会福祉調査は、ニーズ把握のためばかりでなく、各種の福祉課題に応える科学的データを得るために用いられており、この理論や技術が社会事象を科学的、統計的にとらえる事により、単なる間接援助技術の枠を超えて社会福祉の実践と政策を支え、その必要性や方向性を基礎づける役割を担っているものといえる。 2、統計調査と事例調査の相違点 (1)社会福祉調査の進め方と方法  社会福祉調査を進めるに当たって、一般的に次のような調査の手順と技法に従って「統計調査」や「事例調査」を行う。それは①調査目的、課題の明確化、②調査の企画と準備、③調査の実施、④調査結果の整理と分析である。最後に残る作業は、調査に協力してくれた人々に好意を報い、福祉の向上に奇与するために、データを公表する責任がある。
    次に社会福祉調査の方法を述べる。  社会福祉調査を行うに当たって、①接近方法、②収集するデータの性質、③調査対象範囲、④調査方法という四つの分類基準が用いられる。  ここでは、②の収集するデータの性質による分類(種類)について考察することとする。この収集するデータの性質に着目すると、量的データとして収集する「統計調査」と質的データを収集する「事例調査」に区分される。 (2)統計調査
    統計調査は、多数の事例の少数の側面を、標準化、体系化された手法を用いて客観的に計量し、それを平均、度数分布、比率、相関係数、分散分析、回帰分析、因子分析、統計的検定等

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ 1、社会福祉調査法の意義
    社会福祉調査とは、市町村や都道府県、国の福祉施策において新しく生起した福祉サービスの課題や既存の福祉サービスの改善計画、また、人口の流入、流出、少子高齢化等の動向を予測して将来の福祉需要に対する施設、サービスの整備計画の政策を策定することである。また、その効果的なサービスや対応策を計画し、実施する場合、的確な現状把握が必要である。この現状把握を行う方法の一つが社会福祉調査である。  なお、社会福祉調査は、社会調査の一応用分野であり、その理論と技法は、社会調査に依拠しているが、社会福祉調査は、問題解決アプローチ型の調査を主流としており、社会福祉援助技術の一方法として用いられている所に、その特徴がある。すなわち、社会福祉調査を通して社会福祉制度及び活動を改善し、地域住民の生活や福祉の向上に奇与することを究極の目標とするものである。 (2)社会福祉調査の基本的性格 社会福祉調査は社会調査の応用であることから、次の三つの指向性を持っている。それは、①基礎資料的接近型(調査領域や課題に関す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。