心身障害児・者に共通する真理的問題は何か述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数813
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ
    1、はじめに 
    心身に障害があるという事実は、一般社会の伝統的な価値観から歓迎されていない現状であり、障害者問題の根源の一つはここにある。ここから生じる障害児・者を取り巻く「心の壁」は、今なお根深く残っており、無理解や偏見の改善・解消には、関わるもの全ての不断の努力を必要とする。特に支援する側の要となる福祉・教育の専門家が障害児・者と関わる場合には偏見なく接していくためにも、彼等の心理問題を理解する事は必須となる。本論では障害者に共通して見られる心理問題である、欲求不満、不安、劣等感について述べる。
    2、欲求不満
    まず人間誰もが持っている欲求、すなわち基本的要求について述べる。基本的欲求には生理的欲求と人格的欲求がある。
    ①生理的要求;空腹や喉の渇き、排泄や睡眠や休息といった生命を維持する為には必要最低限な欲求のことである。
    ②人格的要求;人々に受け入れられたい、認められたいという社会的承認要求、人々を支配したい、人より優れたいという支配と優越を求める要求、本を読む、旅行をするなど新しい経験をしたいという新しい経験への要求、人に愛されたいという安定感を求める要求、他人に頼らず一人で物事を成し遂げたいという自立への要求などがある。
    これらの二つの基本的な欲求は、個人差があり、誰もがもっているものであるが、必ずしも誰しもその全てが満たされるわけではない。特に何らかの障害をかかえている場合は、その障害ゆえに満たされない事が多い。例えば、下肢の障害を持った場合では、移動をするにも他者の手を借りなければいけない事が起こる場合もあるし、排泄行動の困難からオムツなどを使用しなければならないといった不快要因まで生まれてきてしまうこともある。この満たされないために起こる心の動きを欲求不満という。そしてそれを一時的に我慢する力を欲求不満耐性という。欲求不満が高まった時にそれを解消しようとする心理的なメカニズムがあり、これを適応機制という。
    以下がその代表的なものである。
    3、適応機制
    (1)代償行為
    ある目標を達成することが出来ない場合、その目標と似た目標を達成する事で、要求を満たそうとする行動の事である。例えば、空想の中で要求を満たす白昼夢や、自分のやりたい事を実現させた人物を見つけて、それを自分が同じだと考えて要求を満たす同一視、始めに願っていた方法や目標より劣った方法や目標で要求の実現を図ろうとする現実の補償など、現実の補償の方法として奇声や大きな声の発生、目立つ行為をとるなどもある。    
    (2)合理化
    自分の出来ない事を他人の責任や偶然のせいにして正当化することである。
    (3)逃避
    困難な場面に直面しないようにして、始めから要求不満を避けることである。非社会的、引っ込み思案、自分本位の行動で現れる事が多い。
    これらの適応機制は欲求不満を解決するのに一時的な効果があるが、この行動が習慣になるのは好ましくない。例えば逃避が習慣的になると積極性や自発性に欠ける生活になる可能性がある。
    心理的問題がフラストレーションと関係ある場合の指導や援助の方法として、まずは基本的欲求を大切にし、適切な目標や方法を考えるようにする事が必要である。また要求が満たされない時に欲求不満耐性を身に付ける為、障害を抱える人々に欲求不満の原因と解決法についてよく考えさせる事が大切ある。
    4、不安
    不安とは、漠然とした恐れ、心配の事である。誰でも不安を感じる事はあるが、障害児、者に特有な不安は、身体的不安、行動的不安、社会的不安、精神的不安で

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ
    1、はじめに 
    心身に障害があるという事実は、一般社会の伝統的な価値観から歓迎されていない現状であり、障害者問題の根源の一つはここにある。ここから生じる障害児・者を取り巻く「心の壁」は、今なお根深く残っており、無理解や偏見の改善・解消には、関わるもの全ての不断の努力を必要とする。特に支援する側の要となる福祉・教育の専門家が障害児・者と関わる場合には偏見なく接していくためにも、彼等の心理問題を理解する事は必須となる。本論では障害者に共通して見られる心理問題である、欲求不満、不安、劣等感について述べる。
    2、欲求不満
    まず人間誰もが持っている欲求、すなわち基本的要求について述べる。基本的欲求には生理的欲求と人格的欲求がある。
    ①生理的要求;空腹や喉の渇き、排泄や睡眠や休息といった生命を維持する為には必要最低限な欲求のことである。
    ②人格的要求;人々に受け入れられたい、認められたいという社会的承認要求、人々を支配したい、人より優れたいという支配と優越を求める要求、本を読む、旅行をするなど新しい経験をしたいという新しい経験への要求、人に愛されたい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。