民間社会福祉活動の歴史と今日の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,041
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「民間社会福祉活動の歴史と今日の課題について」
     初めに、民間社会福祉活動の歴史について以下に述べていく。
     中世封建社会においては、地縁、血縁による個人同士の相互扶助、慈悲やお恵みといった、宗教的、論理的動機による助け合いが行なわれていた。エリザベス救貧法など、国の政策もあったが内容は不十分であった。
     19世紀イギリスで産業革命が起こると、富を求めてロンドンに人口が集中し、人があふれた結果スラム街が出来た。しかし政府は成長を求めて十分な対策は打たなかった。エリザベス救貧法など、国の政策もあったが内容は不十分であった。
    そこで始まったのが民間による福祉活動である。民間活動の代表的なものは①慈善組織組合、②セツルメント運動、③YMCA・YWCAの三つである。
     しかしこれらの活動はすべて挫折した。それは、豊かな、働かなくても良い金持ちがスラム市民を相手にしていたので、文化や価値観の違いについていけず、互いに共感できなかった点や、非専門家による活動だったため、専門技術にも乏しかった点、また支援者一人ひとりの考え方や方法論が異なっていたため、体系的な援助が出来ず十分な効果が得られなかったた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。