社会福祉士の社会的役割について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,915
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉士の社会的役割について」
     「社会福祉士」とは1987年に、「社会福祉士及び介護福祉法」によって制定された、わが国初の国家資格である。日常生活に支障のあるものに対し、相談、助言、指導、その他の援助を行う者のことである。
     かつては「社会福祉主事」という資格が福祉職の中心であった。しかしながら、その任用条件は厳しくなく、一般教養科目三科目を履修した大学卒業者ならほとんど採用されるという程度の、いわゆる「三科目主事」だったために、その評価はけっして高いものではなかった。しかし、福祉二―ズの多様化、複雑化、高度化に伴い社会福祉主事では対応出来ない、社会福祉の専門職化が起こった。それにより高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。