スキンケア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数334
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法役割時間汚染細胞構造酸化

    代表キーワード

    酸化スキンケア

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    スキンケア                  栗本・岩村・馬場
    皮膚の構造(図1)
    皮膚の役割  ・バリア機能
    ・知覚機能   ・免疫機能
    ・分泌排泄機能 ・水分保持機能
    ・体温調節機能
     外部と接する最表面は表皮の角質層
      角質層の水分量 15~20%
      10%以下となるとかさつく 
     角質層の表面は皮脂膜(皮脂腺から分泌される皮脂+エクリン汗腺から分泌される汗) があり、角質細胞間脂質・NMF(天然保湿因子)とともに角質細胞の維持・角質層の状態に影響を与える。
      皮脂膜  厚さ0.5μ PH4.5~6.5 (図3) → 角質層の構造的安定化
     アルカリ中和能 皮膚機能が正常であれば1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。