アルコール依存症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,317
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アルコール関連の問題への対応
     少量のアルコールの摂取は動脈硬化の予防・血栓塞栓症の予防・ストレスの軽減等の効果があるといわれている。しかし、アルコールの多量の摂取・暴飲によりアルコール性肝炎・肝硬変・急性アルコール中毒・アルコール依存症等の疾病の発症の原因となり、身体的・精神的・社会的にも有害となる。特にアルコール依存の人は、自分がその病気であることを認めない「否認の病気」であると言われており、いかにして早期発見・早期治療に結びつけるか、またいかにして治療を継続させていくかが重要となる。
    アルコール依存症では身体的依存と精神依存を伴う。依存の発生は、アルコール自体の問題のほか、個人の性格・生活史や家族・職場・地域等の環境が重なることにより起こる。アルコール依存症になると、飲みだすとブレーキがきかない、昼も夜も飲み続けてしまう、飲んではいけないときに飲んでしまうという、「飲酒のコントロール喪失」となる。また、習慣化されたアルコール摂取をやめたり、量を減らしたときに、手の振るえ・不眠・イライラ感・気分の落ち込み・動悸・せん妄等の離脱症状が起こすようになる。その症状から逃れる為にさらにアル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。