ノーマライゼーションの理念の理論的背景

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,340
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ノーマライゼーションとは、障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方。またそれに向けた運動や施策なども含まれる。すべての福祉分野に共通する基本理念の一つである。
    ノーマライゼーションの考え方は、デンマークで隔離・収容型の福祉に対し、知的障害者をもつ親の会の運動の中から始まり、1959年法で「知的障害者のために可能な限りノーマルな生活状態に近い生活を創造する」という精神が基礎となっている。この法案作成に携わったN・E・バンク・ミケルセンは「ノーマライゼーションは、知的障害者をいわゆるノーマルな人にすることを目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。