@経営労務論B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数320
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    就職採用労務離職率

    代表キーワード

    経営労務論離職率

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    就職活動が学生にとって、人生を決める最も大事な期間であるように、企業にとって採用活動は、機業の行く末を左右するかもしれない重要な企画である。よって多大な費用がかかることはまぬがれられない。それをいかに削減するかは企業にとって最も頭を悩ませる課題なのだろう。新卒で入社した会社で一生勤める人は少なくなり、今では新卒で入社した社員の3割が3年以内に退職すると言われている。せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまうと、企業は大きな痛手を被るだろう。もちろん辞める社員がいないのが理想だが、このときの損失を少なくするために採用コストの削減という考えが必要になってくる。採用を行う上で費用がかさむものは、広告費用、採用担当者の人件費、採用代行業者に払う料金、パンフレットの作成、会社説明会、インターンシップなどの企画運営にかかる費用などである。
    将来において、より能力の高い優秀な志願者を採用しようとする場合、もちろん
    コストは多くかかる。なぜなら、一定以上のポテンシャルを持った新卒の人数は限られているため、スピーディに優秀な人材を採用できる能力が必要となり、多くの採用を行おうとすると、他の企業と競争し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。