少子化問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,297
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート社会学少子化出生率学歴介護

    代表キーワード

    社会

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.少子化が引き起こす問題
     少子化が引き起こすものとして人口の減少や労働人口の減少、高齢化の加速など多くの問題が挙げられると思います。そして、人口の減少や労働人口の減少、高齢化の加速が引き起こす大きな問題が医療費、年金、介護費などの社会保障費の負担増加である。この問題は最近では有名であり、テレビのニュースでよくとりあげられている。この問題で高齢者の医療費が引き上げや年金の納付額の増加、高齢者が多くなることにより介護保険の掛け金の増加が考えられます。それに、高度経済成長期に特徴的であった大量の労働人口の集中的な退職などで激しい労働人口の減少が起こり大量消費社会の衰退を招き、日本経済全体に影響があると考えられます。
    2.少子化問題の今後の対策
     少子化問題の解決方法としてすぐに思い浮かぶのは合計特殊出生率をあげることだと思います。しかし、現在、合計特殊出生率は下がる一方で、合計特殊出生率が最高時の2.16%よりも0.91ポイントも減少して1.25%(2005年)にまで落ち込んでいます。この落ち込む原因はいろいろありますが、大きな原因の一つが、授業で配布していたプリントにも書いてあったその..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。