時事研究レポート 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数381
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    北朝鮮の核実験実施発表を受け、国連安全保障理事会公式会合は、北朝鮮制裁決議を全会一致で採択したことにより「決議は金正日体制に懲罰的制裁を科した」と強調し、北朝鮮が国際的孤立の道を進むなら「深刻な結果」を招くと警告している。
     これに対し、同会合に出席した北朝鮮の朴国連大使は安保理の決議採択を「ギャング的行為」と非難し、「不当決議を全面的に拒否する」と表明した。核実験は「米国による核の脅しと制裁、圧力強化が原因」と正当化し、米国が今後も北朝鮮への圧力強化を継続するなら「宣戦布告」とみなし「物理的対抗措置を取る」と警告した。
     決議は「(強制措置の法的根拠となる)国連憲章7章に基づいて行動し、7章..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。