日米の育制度の差異とに能力を伸ばす育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数338
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「日米の育制度の差異とに能力を伸ばす育について」
     日本は大大院育のレベルでは「進」だ。問の究レベルでは、アメリカやヨロッパに比べ、かなりのれをとっている。民全の知的レベルを平均値で比べると、一見日本はアメリカをしのいでいると思えるが、それは、あくまでも平均値を比べてのことだ。アメリカは、先進性と後進性が入り混じっただ。極端な上級レベルの知的者層があるかと思えば、分厚い下級レベルの者層が存在している。そこで平均値をとると全としてはレベルが下がってしまう。しかし、トップレベル層だけを取り出して日本のそれと比べてみると、雲泥の格差がある。世界をリドするアメリカのほうが高等育のレベルが驚くほど高いのだ。特に、一流大大院での門究には小生と大生のように大きな差があり、アメリカは世界一の高レベルだ。
    では、なぜそれほどまでに格差が生じたのか。日本の育とアメリカやヨロッパの育を比べ考察する。
    日本の育をかえりみて、まず目につくのが「日本特有の大入試」の存在だ。試はどのにも存在する。しかし、日本の大試は特で、日本の育制度そのものに大きな影響をえてきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日米の教育制度の差異と真に能力を伸ばす教育について」
     日本は大学・大学院教育のレベルでは「遅進国」だ。学問の研究レベルでは、アメリカやヨーロッパに比べ、かなりの遅れをとっている。国民全体の知的レベルを平均値で比べると、一見日本はアメリカをしのいでいると思えるが、それは、あくまでも平均値を比べてのことだ。アメリカは、先進性と後進性が入り混じった国だ。極端な上級レベルの知的労働者層があるかと思えば、分厚い下級レベルの労働者層が存在している。そこで平均値をとると全体としてはレベルが下がってしまう。しかし、トップレベル層だけを取り出して日本のそれと比べてみると、雲泥の格差がある。世界をリードするアメリカのほうが高等教育のレベルが驚くほど高いのだ。特に、一流大学大学院での専門研究には小学生と大学生のように大きな差があり、アメリカは世界一の高レベルだ。
    では、なぜそれほどまでに格差が生じたのか。日本の教育とアメリカやヨーロッパの教育を比べ考察する。
    日本の教育をかえりみて、まず目につくのが「日本特有の大学入学試験」の存在だ。試験はどの国にも存在する。しかし、日本の大学試験は独特で、日本の教育制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。