戦後の我が国の社旗福祉の歴史的展開についてまとめ、今日の課題について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数5,357
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉日本情報介護文化地域法律問題障害者

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    「戦後の我が国の社旗福祉の歴史的展開についてまとめ、今日の課題について述べなさい。」
     わが国の社会福祉の発展について、ここでは、現在の社会福祉を支える社会福祉法及び福祉六法(生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法、老人福祉法、母子及び寡婦福祉法)さらに介護保険法等の社会福祉関係法令の制定の歴史的展開過程を、時代区分とその背景を中心にして考察することにしたい。
     戦後の社会福祉関係法の制定の推移及び経過を、次のような時代区分によってまとめることができる。①占領期の社会福祉制度の確立期②高度経済成長と社会福祉制度の拡充期③低経済成長による社会福祉見直し期④社会福祉の改革期⑤社会福祉の新しい意展開期⑥社会福祉の今日的課題。
    ①の占領期の社会福祉制度の確立期だが、1945年8月、わが国は第二次世界大戦終了とともに敗戦国となり、連合国総司令部(GHQ)の占領下におかれ、社会福祉はGHQのもとで新たな施策が開始された。
    戦後の混乱したわが国の社会情勢は、食料、住宅等あらゆる生活物資が不足し国民の日常生活の維持が困難な状況に加え、戦災孤児、浮浪者、復員軍人、海外引揚者、失業者等、生活能力を失った人々の困窮は深刻であった。
     GHQは、緊急事態に対応するための指令として、1945年11月22日「救済用配給物資ノ貯蔵に関する件」と題する覚書を発し、日本政府に対していっさいの主要食糧や衣類の貯蔵の関する詳細な目標と配給計画を、同年12月15日までに提出するように指令した。さらに、同年12月8日に「救済並び福祉計画ノ件」と題する覚書を発し、政府が失業者及びその他の貧困者に対する食糧、衣類、住宅、医療、金融的措置、厚生措置を実施するための包括的計画を同年12月31日までに提出するように求めた。
     これに対し、日本政府は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「戦後の我が国の社旗福祉の歴史的展開についてまとめ、今日の課題について述べなさい。」
     わが国の社会福祉の発展について、ここでは、現在の社会福祉を支える社会福祉法及び福祉六法(生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法、老人福祉法、母子及び寡婦福祉法)さらに介護保険法等の社会福祉関係法令の制定の歴史的展開過程を、時代区分とその背景を中心にして考察することにしたい。
     戦後の社会福祉関係法の制定の推移及び経過を、次のような時代区分によってまとめることができる。①占領期の社会福祉制度の確立期②高度経済成長と社会福祉制度の拡充期③低経済成長による社会福祉見直し期④社会福祉の改革期⑤社会福祉の新しい意展開期⑥社会福祉の今日的課題。
    ①の占領期の社会福祉制度の確立期だが、1945年8月、わが国は第二次世界大戦終了とともに敗戦国となり、連合国総司令部(GHQ)の占領下におかれ、社会福祉はGHQのもとで新たな施策が開始された。
    戦後の混乱したわが国の社会情勢は、食料、住宅等あらゆる生活物資が不足し国民の日常生活の維持が困難な状況に加え、戦災孤児、浮浪者、復員軍人、海外引揚者、失業者等、生活能力を失った..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。